2013年06月30日

6/29 桧枝岐「再びいわな祭りならいいんだけど!?」

実は先週も桧枝岐に来てるC&Rでは、釣り人と遭遇して1匹も釣って無い!
釣って無いというよりは、釣らなかったといった方が正解かもしれない。
昼まで雨だったので、実川や舟股川を探索していて本気をだしてない。
もし、私のブログ「いわな祭り」を見てくれてきたのなら、その人たち優先!
そんな感じで、グルメをして舘岩へ行ったというのがほんとのところです。
その気になれば、いわな祭り連荘なんて、簡単!お茶の子です。ほんとでっか?

そう思って、今日は重点的にC&Rで釣りをすることにした。
朝、支度をしてると、釣工房もりたの人と出会って、楽しいお話をしました。
そして加藤谷でいい思いをしたと言う。どうやら釣れる場所が違うみたいです。
ただ、シーズン的には最盛期は過ぎてるようですけど!
いろいろと話が盛り上がって、7時ごろから入渓して釣りを始めた。

いわな祭り宣言をブログで見た人も多いのか相当教育されている感じ
最初は小さいサイズが釣れて、今日はいわな子供まつりかと思ったが
お兄さんサイズも釣れ始めて

hino0629b.jpg

そしてここでも

hino0629d.jpg

あそこでも

hino0629e.jpg

最終堰堤の前でも、前回のいわな祭りの半分ですが釣れました。

hino0629f.jpg

1時ごろ橋の上から下を見ると、いわながはやのように群れをなしている。
ここに朝からやってる夫婦がいた。たくさん魚を釣って味をしめたのかこの場所を離れない。
ダンナがサイドで、いわなの群れにフライを入れるティペットが短いのでドラグがかかる。
しかしイワナを連発している。上から見るとドラグかかった瞬間に咥えてる。
そのほかは鼻先に着水した瞬間に食っている。いやはや、凄い名人芸で素晴らしい。

これをみるともちろん腕がいいのだろうけど、日頃の行いがよっぽどいいのではと思う。
やっぱりロングティペットは絶対でない! ドラグかからなければ釣れないのだから!

この後、舟股川の下流部に偵察に行ってみる。
先週と水の量は変わらず、多いいなんとか1匹釣っれた。

hino0629g.jpg

この分だと、実川や舟股川の上流部は水が多いのではと言うことで
舘岩へ移動。 4時ごろ着いた。

今日は、橋の下から本流へ入った。この時期は本流は誰もやらないのか
夏草がぼうぼうと生えていて入渓点が分からず藪漕ぎをして入った。

これだけ暖かくなると、はや天国(いや地獄)と思ったが・・・
はやは1匹も釣れなかった。そして、橋の下で1匹!

hino0629h.jpg

少し、上流で1匹!

hino0629i.jpg

今年に限ってかそうでないか分からないけど、
先週、今週、舘岩の本流をやってみたが、ヤマメが結構釣れます。
この区間はいわな、やまめ両方いる、イワナを狙うとハヤ10匹攻撃に合う、
ですが、少し早めのバブルラインには結構やまめがいるのを発見!
ほとんどの人が支流へ行ってしまいますが、本流は穴場かもしれません。

というわけで、釣れない昨日はウソでしょ!、釣れたのは今日でしょ!
満足な釣果に、思わず笑顔がこぼれる1日でした。

<渇水、激戦区で釣れるのはイワイイワナW>
岩井さんが考案したイワイワナはTからWまであります。
一般に人気はイワイイワナU(Tiemcoで販売)かも、
「はたしてどれが一番釣れるか?」岩井さんに聞いてみると、
「こんなもんは、どれでも同じだよ! 魚から見れば・・・
 ただ、人間が一番釣れるのはイワイイワナUかもしれないな!」

ちょっと変わってるのがイワイイワナWです。

hino0629x.jpg

これは、ボディーにピーコックアイを巻くだけ・・・
他のフライのように、フロスを使ったり、リビングをしない!
このため、パラパラのパラシュートでも沈まない。
岡本システムとの相性はバッチリで、このフライが気に入ってます。
また、他のフライと違って、大変スリムで、渇水、シビヤ向き。

R17でこれを作ると抜群に釣れます。半沈にするためパラシュートの位置を
少しアイ側(シャンクの1/3)にして巻くといいバランスになります。
R17だと16番(岩井さんの針で14番相当)がメインで、18番も!

最近の考え方として、フライは軽ければ軽い方がいい!
そのためには、いかにシンプルにするかと言うのが重要なのでは
オリジナル性を出すためにオーバーデコレーションが多いい。
半沈にするリビングとか、色の強調のフロスは水を吸うので重くなる。
なるべくならば、使わない方が、軽量で快適なフライができるのでは











posted by はねたろう at 10:13| 埼玉 ☔| Comment(4) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/28 加藤谷、鶴沼、戸石「運が悪いのか、日頃の行いか、不釣です。」

今回は、来週の7/6-7 風来坊岡本スクールの前乗りをする場所の下見に
実は、静岡から佐野さんが前日から参加するので道の駅「たじま」に集合して
南会津の釣を堪能してから、風来坊まで行って前泊(7/5)することになっている。

そこでどんな感じなのか、加藤谷川に行ってみる遅い出発で11時に現地についた。
まず養鱒公園についてここで支度をして、川に行ってみる、浅い渇水だ。
釣れそうなポイントも全く無反応!堰堤も水無しで、イブニングも期待できない!

kato0628a.jpg
(修理からカンバックしたウォータワークス!ラインも新調です。)

まぁ本命は、上流部だから、車を止めて橋の上から下を見るとフライマンがいた。
メガネ越しですが、目と目があった「私はこれから橋の上をやるんですけど」
そう言ってるように思えた、タッチの差ですがここは撤退するしかない!
どこへ行こうか、もっと上流から入渓点が分からないので加藤谷をあきらめた。

そうだ隣りが鶴沼川だった、そっちへ行けばいい、上流部で入渓点を見つけた。
いい流れだがこちらも渇水で攻めるところがない、深いところにフライを落とすが
まった反応が無いので、まぁ戸石があるからいいでしょう・・・

そこで道の駅を探索することに、道の駅「しもごう」についた。

kato0628b.jpg

最近すっかり、ビジタリナイ(野菜が足りないビジタリアンのこと)になったので
ゴロゴロの野菜を期待していたが、素揚げした野菜が乗ってって、旨かったです。

kato0628c.jpg

そうこうしてると、戸石に3時ころについたこれからは釣りモードだ!
前回地元のフライマンが教えた、墓裏から入渓した。いい感じだが渇水!
まったく反応が無い! 頼みの戸石もだめか! 今日はさかなお休みデー反応なし!
それでも、最後の1匹を期待して、プールで渋いライズです。
これを釣らなかれば、「今日はボーズ」と悪魔のささやきが聞こえて来た。

緊迫した雰囲気の中で、
フライ選択! ピー玉18番かそれともイワイソラックスダン18番・・・
ライズした時の虫は20番以下で、神経質なライズだった。難しいどうしよう!
たらっとしたプールの釣りはほとんどやらない。流れのあるところしか・・・
デリケートで、超ソフトな丁寧なキャスティングをしないといけない・・・
そして、ライズから見たら魚は小さい、そこまで神経使うことがあるか・・・
でも、今日はこれを釣らないと、敗北は決まっているかのように思えた。

結局、イワイソラックスダン18番を選択した。(←ピー玉が無かった。)
細心の神経を使ってゆっくりとフライを落とす、反応が無い、
2投、3投、いいところに落ちるがまったく反応がない、4投目もだめ・・・
よし、これで最後にしようと5投目、フライが静かに消えた、合わせた。

kato0628d.jpg

魚はこのサイズですが、よろこびの1匹だった。ホォとした。
カンバックしたウォータワークスにも、入魂できて!ホォとした。
この日はこの1匹! 価値ある1匹で感動の釣も終了した。

1匹しか釣れないのにいい物語に仕上げますね・・・・
原因は渇水とピーかんと魚がお休みでどこかへいちゃってる留守状態では
夏の釣りは当たればすごいけど、外れるとこのように悲惨な日が来ます。
これを人は「日頃の行いが悪い!」と言います。 これで2回目です。

今回は道の駅「きらら」の温泉に入ることにした。
さて、明日は桧枝岐でたくさん、いわな祭りを再来と期待です。

<道駅「きらら」の温泉>
温泉は素晴らしく気に入りました。お値段は500円とリーズナブルです。
温泉は8時(受付7時半)、食堂はラストオーダー7時までです。
きららを通り過ぎて、トンネル超えて右折(桧枝岐の反対方向)すると、
深夜営業の酒屋とコンビニ(ミニストップ)がありますので買い出しも可能!
ここで仮眠してもいいですが、この日はミニ尾瀬公園へ行きました。
ミニ尾瀬公園夜は真っ暗なので、懐中電灯が必要! よく眠れます。

<イワイフロータントは目薬と眼鏡ふき>
実は、はねたろうは花粉症ですので、目薬をたくさんもらいます。
その目薬を捨てて、空にしたら、イワイフロータントを入れます。

hino0629y.jpg

100均にいくと、女性のコスメ用のボトルにスポイトがついてます。
そのスポイトで、目薬容器に入れるわけです。 容器は2つです。

それぞれ、フライラインをストラップにして、ぶら下げられるように
そのとき、ビニールテープで留めるのですが、白と黒を使って色分け。

メガネ拭きは、100均で買ったものをフライラインでストラップ付きに
必要な部分に目薬でたらす要領でフライにつけて、メガネ拭きで!
面倒なティッシュとはおさらばです。 これ結構便利です。
これをリングでセットにして、ベストにぶら下げています。

ちなみに最近は綿棒はメンボー(面倒)なので使いません。
この他、岡本ピンとゼル状のフロータントも併用しています。









posted by はねたろう at 08:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

FF軽快・快適グッズ Kustomスポーツコード「遠視または近眼の人には必需品!」

岡本さんは眼がいいので老眼ですが、その岡本さんが愛用するメガネストラップ!
かけてるときはメガネ止めになり、外すと首にピッタリしてぶらぶらしない!

「これは、どこで売ってるの?」聞いたら「カトウオプトワークスだよ」
と言うことで、さっそく取り寄せました。現在在庫はこの4色をすべて買いました。

spcode0623a.jpg
目Kustomスポーツコード http://optworks.exblog.jp/20358261/
目カトウオプトワークス http://www.kato-optic.com/

遠視の人は、フライをつけるときにメガネを使って、普段は使わない。
近眼の人は、普段メガネで、フライをつける糸が絡まるときは外した方が見える。
(はねたろうの場合は、PC&ディスクワークはメガネが無い方が便利!)
共通して言えるのは、「外したメガネがどこ行った!」と探すことが多いい。

そこで、メガネストラップが必要だけど、外すとブラブラするのがいらいらします。
Kustomスポーツコードは便利! 掛けてるときはメガネ止め、外すと首にピッタリ!

これが近眼にはもっともうれしいのは、オデコにちょいのせのときもキープします。
ちょっとだけメガネをずらしたいとき、上目使いの変な視線とはおさらばです。
(メガネを大村昆のオロナミン状態(鼻に下げ)にして、にらむと見える。)

気になる価格は1680円とお手軽です。軽快・快適グッズがまた一つ加わりました。
posted by はねたろう at 10:37| 埼玉 ☔| Comment(2) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/22 桧枝岐、舘岩「祭りの後のさびしさ、今度は舘岩やまめ祭りか?」

すっかり、身についた、道の駅「仮眠の旅!」(宿泊ではなくあくまでも仮眠です。)
昨日は、道の駅「たじま」まで、のんびり行って仮眠、栃木は大雨になって来たが
福島に来ると降ったりやんだりです。これがこの日「ふんだりけったり」になるとは・・・
(ここは笑う所です。お願いします。「振ったり・・・」をもじって「ふんだり・・・」です。)

今日も半分、いわな祭りを期待して、桧枝岐へところが台風の影響で大雨です。
雨だとやる気が半減、午前中は温泉療養でもするかと思ったら雨が止んだ・・・
じゃ支度して、始めるかそう思ったら大雨になってきた。

仕方ないので実川に行ってみると、雪代ガンガン、雨が刺激した模様です。

hino0622a.jpg

舟股川に行ってみるとこちらも危険水位で、警戒警報発令、自宅待機、魚はお休み!

hino0622b.jpg

そして雨脚も弱くなってきた頃には、C&Rは人がいっぱいです。
先々週よりも、雨によって雪代が入り流れが速くなっていて、釣り人はC&Rに集中です。
そこで舟股川の下流部に、水はちょっと多めですが雪代の関係で水温が低い!

こんな時は対岸の巻きがセオリーです。ここから見事に1匹!

hino0622c.jpg

ほんとに釣りましたが、チビで逃げられ写真無です。
なにー 写真がなければ、証拠がなければ信じられんって
わかりました。「7/6-7 風来坊岡本スクール」でお見せしましょう。
私の巻のうまさを知りたい人、今からでも遅くない風来坊に申し込みましょう。
目7/6-7 風来坊岡本スクール http://hanet.seesaa.net/article/364404908.html

C&Rを軽くやってみますが、2,3回出たもののキャッチできず。
人が多くて、釣った直後で、釣れないみたいです。いわな祭りは終わりました。

今日は、だめでしょうと簡単にあきらめて、グルメに変更です。
桧枝岐に来たら、山びこ山荘の山人(やもーど)定食でしょ! 3時に食事です。

hino0622d.jpg

山人(やもーど)定食は、山菜おこわ、裁ちそば、ごはっとうがセットで1200円です。

hino0622e.jpg

さて、C&Rの下流部から1匹釣って帰ろうとすると、釣り人がいるじゃないですか?
どうしようか、きょうはガツガツせず、道の駅「きらら」の温泉はいって帰ろうか
と思いましたが、右折して橋を渡り舘岩に向かっていました。
もうひとりのはねたろう(つりたろう)が1匹位釣ってけと頭の中で叫ぶ!

それじゃと言うことで、キコリ上流に入ることにした。
夏草がぼうぼうと茂っていて入渓点が見えない、釣り人も少ないのか・・・
ここでお決まりの水没である。おまけにぬるぬるで先に進めない。
釣り始めると、ティペットが切れたり、ゴミにしっかかりと散々です。

桧枝岐は祭りの後の寂しさだったし、舘岩では草ぼうぼうで最悪!
苦労してライズをとるとハヤが釣れる、ヤマメは食いそこなう。

流れが速いから食いそこないをすると言うけどドラグですよ原因は
30分位経過して、今日は写真なしだとあきらめた瞬間にヤマメが・・・

hino0622f.jpg

いやーイワナ祭りもいいけど、ヤマメは俊敏だからいいよな・・・
ここからが、プチやまめ祭りの始まりです。

hino0622g.jpg

さすがに始まる時間が遅かった。でも、ままま納得の行く釣果で安心、安心!
どんどん釣りあがって行くと、周りは草ぼうぼうで退渓がたいへんでこんな感じ!

hino0622h.jpg

これは、ビックリしてる顔じゃなくて、しんどいって顔ですからね
おまけにお気に入りの手拭いを無くした。でも舘岩で釣れてよかったとホッとした。。

この日は、アカサカに直行して、買い物をして、10時に鴻巣の自宅についた。

<道の駅は仮眠のみはOK!>
道の駅は、車の運転で疲れた時に仮眠をして安全運転をするのが目的です。
「決して車中泊する場所ではありません。」というのがはねたろうの考えです。

最近、道の駅でテントを張ったり、テーブルを出してる人がいますが
駐車場は、車を止めて仮眠していいけど、キャンプする場所ではありません。
これはマナー違反だと思います。あまりひどくなればいろいろと規制され!
道の駅が深夜に閉鎖されることも考えられます。あくまでも仮眠にとどめましょう。
自分の車の中で休憩時に、テレビ見る、食事するのはいいと思いますが・・・
となりの駐車スペースを使って、キャンプ場のように使うのはやめましょう。
釣り人には大変便利な道の駅なので、利用させていただく感謝の気持ちは忘れずに






posted by はねたろう at 10:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/21 日光湯川「6月にしては釣れませんが癒しの1日でした。」

台風4号が、西日本直撃、こんなときのんびり釣りしていいのか?
と思いつつ、天気予報を見ると栃木は雨が少なく、福島も大丈夫そうな雰囲気!
今回は、日光湯川に行くことにした。

平日も混み合う日光湯川ですが、金曜日なのに車はない!
今日は独り占めだ、のんびりできるそう思った。
しかし、6月にしては涼しい、虫が出なくて、喝采低いかもしれない
こんな時は、一番釣れる6月でもだめ、ひとはこれを「日頃の行いが悪いのでは」という。

のんびりと、小田城橋まで下って、そこから釣りあがりです。

niko0621a.jpg

悪い予想ほど的中する。全然反応がないが昼頃やっと釣れた。

niko0621b.jpg

ここからは、順調に児滝で

niko0621c.jpg

そして、その上流でも

niko0621d.jpg

3時まで釣りをして、湯滝レストランへ、ぎりぎりやってた。
いつもの湯葉そば(冷やし)を頼むと、天ぷらをおまけしてくれた。

niko0621e.jpg

そこで、珍しく監視員のお姉さんが来て・・・・
「釣れました」 
「いやー思ったより釣れなかった下手くそだから」
「湯滝の右側は釣れますよ」
「そこですよね、私がブログで書いちゃったから、有名になっただよね!」
「もしよかっらた、毛ばり見せてもえらますか?」
「今日はこれで釣りたかった(ズルピー)」
「でも、反応が良かったのは、これとこれ(イワイイワナ、ビー玉)」
「これ写真に撮っていいですか?」
「へーブログにでも載せるの?」
「そんなんです、湯川公式ブログに載せるんです。」
「そうなのそれならもっとチャントしたのを巻いてくるんだったったけど・・・」
---
「あそこと、あそこが結構釣れますよ」
「そうですか」(どうせ受け売りでしょ!俺の方が知ってるよ)
「これから下流に行くんだけど」
「6月は下流の方が釣れるんですよ」
「ほんとかな?」
休憩のときに、若い監視員のお姉さんとこんなたわいのない会話をした。

下流へ行ってみると見た目は大きな変化がないが、大量に砂が入って浅くなってる。
渇水気味も手伝ってか大変歩きやすい、そしてたまにライズする。
実は、日光湯川が「外国の川に行ってると感じとさせる」のは下流部です。

niko0621f.jpg

あの若き監視員のお姉さんが言っていたことはほんとでした。
でも、毛ばりの名前「いわいいわな」これを知らないとは・・・
実は今勉強中ですとのこと、知らないことは釣り人に聞いてますとのこと

釣り人は自分の知識をしゃべりたいもの、フライをよく理解している監視員が増えたが
こうした半分素人で、釣りの話を抵当にうながして聞いてくれる監視員が増えると・・・
孤独で釣りをしているフライマンは、休憩のときは結構お話を聞いてもらえて癒しになる。
こんな時は釣りは良く知っているお姉さんより、半分しかわからない人の方が話しやすい。

日光湯川のお姉さんは、監視員というよりは、聞き上手のレーポータだったようです。
渓流の釣りで、これ結構ブームになるかも!、漁協さんC&Rの次に来るものはこれかもね!

ここ数年、上流部の方が魚が多いので、釣り人は上流に集中している。
その点もあるのか、下流部は警戒心も薄く、おおらかでブルックらしさを感じた。

そんなわけで期待程、釣れなっかった日光湯川ですが、楽しい癒しの1日でした。

<やしおの湯>
日光湯川で釣りをした場合は、湯元の日帰り温泉に行くが・・・
赤沼茶屋からだと反対方向になる。日光方面にはやしおの湯があり今回行ってみた。
透明の温泉で、500円とリーズナブルです。 結構気に入りました。



posted by はねたろう at 07:43| 埼玉 ☔| Comment(2) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

6/15-16 岡本東北ツアー「皆さん釣れて大満足!」

朝8時に川の駅「ヤナ茶屋もがみ」に集合した。

mo0615a1.jpg

昨夜、相当な雨ふり、小国川は泥濁りとなったが、最上白川は何とか釣りができる。

はねたろうはようちゃんと、ハイカーさんと3人で最上白川の上流に入ったが・・・
全然反応が無い、その原因はルアーマンが二人先行していたようである。

仕方なく下流に行くが、当然水が多いがここで1投で、ようちゃんが決めた。

mo0615b.jpg

ハイカーさんも何匹か魚を釣ったみたいですが・・・
1番後ろから釣っているはねたろうは1匹釣るのがやっとだった。

mo0615c.jpg

岡本さんと他の2人は別の川で、水量もベストで楽しい釣りができたようです。
もちろんこの日は、岡本さんは尺やまめを釣りました。
夜は、小川屋の豪華な夕食に舌堤をしながら、釣りの話題で盛り上がった。

---

さて6/16、前日の夜も大雨が降ったので、最上白川をあきらめて、秋田の川へ
ところがこちらは雨が降って無いので、超渇水でおまけにピーカンです。

3組に分かれて川に入って最上流部で、えいちゃんがデカいのを釣った。

mo0616a.jpg

この日のビックワンです。

mo0616b.jpg

はねたろうも、このくらいのサイズを何匹か釣りました。

mo0616c.jpg

渇水ですが、全員が満足の行く釣りができた。

3時に集合して、今回の東北ツアーも終了になり解散しました。
東北ツアーでは、岡本さんの釣りを見れるのがたいへん勉強になった。

mo0616d.jpg

今回参加した全員が遠くまで車を走らせてほんとによかった、楽しいひと時と感じた。
東北ツアーの帰りはのんびり安全にゆっくり、6時間かけて鴻巣についた。

増水に渇水と天気が良すぎたが、東北のすがすがしい空気を吸い癒しの2日間でした。

posted by はねたろう at 00:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

6/14 東北ツアー前乗り「いやーみなさん立派です。」

6/15-16 東北ツアーは最上白川と秋田の秘密の川に行くことになってる。
チョット遠いので、寒河江によってから、待ち合わせ場所の道の駅「むらかみ」に
その計画で、ホームページで寒河江の様子を調べると、山に雪があり水が多い
これは素直に寒河江をあきらめて、岡本さんたちと合流する方が利口だ。
ということで、道の駅「むらかみ」に集合した。ここから秘密の場所を探索する。
1時間位道を走って、到着したのが9時ごろ、入渓点を探して川に入る。

mo0614b.jpg

ここでまず、えいちゃんが巻から1匹出した。

mo0614a.jpg

そして、次に岡本さんが、投げたスローモーションでいわなが上がってきて咥えた。
35cmはある尺超えのりっぱなイワナを見事に釣った。

mo0614c.jpg

さて、次は、はねたろうの番です。
フライを投げると、ティペットが伸びきっていた、スローモーションで現れた。
いわなを見なければよかったのだが、ゆっくり咥えるのを見た瞬間に鬼合わせ!
5Xがあわせ切れになった。やらかしたのは「今でしょ!」&「ドジでしょ!」

すこし行くとはねたろうが先に進めなくなり、途中で退渓です。

そして、次の川で、やっとの思いで釣ったのがこのサイズでした。

mo0614d.jpg

まぁ、こんなこともたまには・・・いつもでしょって ほっといて!

この後は、最上白川に分かれて入って、ここでズルピーで出してやる。
しかし反応がない、不本意ではあるけどピー玉16番に変えた途端に!

mo0614e.jpg

このあと連続で釣れた。やっぱりズルピーよりピー玉か?

まぁ初日の前乗りはこんなところで明日からが本番だから頑張ろう!
この日は、小川屋で3人で釣り談義に花を咲かせて眠りについた。

<ソフトなプレゼンテーションとソフトな合わせ!>
岡本さんの釣りを見ていると、フライの着水、ピックアップがソフトです。
フラットなプールとか、渇水の時は、特に気を付けた方がいい。
無造作にピックアップをすると、それで魚に警戒心を与えてしまう。

レーンを外した時も、早めにソフトにピックアップする。
ティペットが伸びきったときも、早めにソフトにピックアップが必要!
同じ場所を責めるにしても、これによって数投余計に投げることができる。
キャスティングが正確でなおかつ、場を荒らさないため、魚が釣れる。

大きなプールで下から順番に釣るときも、あわせ切れをしたらその場は終わり
魚がゆっくりとフライを咥えるときは、ゆっくり合わせればいいのですが

これが魚の姿が見えた瞬間に「今でしょ!」て鬼合わせ、その結果!
あわせ切れは仕方ないとしても、その場の2匹目、3匹目も釣れなくなってしまう。
魚がゆっくり出てきたときほどゆっくりとソフトに合わせることが必要だ。

posted by はねたろう at 23:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

6/9 桧枝岐「ほんとにイワナ祭りがやって来た。」

道の駅「きらら」を出て、約1時間弱でミニ尾瀬公園に到着した。
時間がまだ早いのでゆっくりと支度をして、その前にキリンテを見に行く!
釣り人の車が入っていた。水は少し多めなので、C&Rに戻る。

水は多めで釣り人はあまりいない。全体に流れは早めです。
こんなときは、遅い流れを責めるのが鉄則ですが・・・
早い流れの間のほんの隙間の遅い流れを責めなければ・・・

対岸の緩い流れで、フライが消えてドスンと当たりが来る。

hino0609a.jpg

イワナ祭りの始まりです。

hino0609b.jpg

ここでも

hino0609c.jpg

そこでも

hino0609d.jpg

あそこでも

hino0609e.jpg

出るは、出るは釣れるは釣れる。ライズは無いけど! イワナ祭りです。

つくづく思うけど、やっぱりロングティペットだよね!
これってショートでは無理でしょ、物理的に無理でしょ、ドラグかかるでしょ!
そんなときは臨機応変にティペット足せばいい。できますかそう簡単に!
ないんて思いながら、早い流れをまたいでのブラインドの釣りです。

楽しいイワナ祭り、午前中は桧枝岐で、ロングティペットを堪能しました。

舘岩のかねまる食堂に報告に行って、冷やし中華、旨かったです。

今日は、イワナ祭りなので、舘岩でもイワナを追加。

hino0609f.jpg

ここの所、やまめの釣りが多かったですが、この日はイワナ祭り!
昨日の水無は大外れですが、今日の桧枝岐は大当たりでした。
スポと消えてドスンと来る。腹いっぱいイワナを釣った大満足の1日でした。

<これぞロングティペットの釣り>
ロングティペット本領発揮は、全体に水が多めで流速があるときの緩い流れを狙う!
これはショートでは難しいです。できないことはありませんが断然有利です。
ショートでは、サイトフィッシング、ダウンの釣り、チョウチン釣り
これはロングティペットが必ずしも有利とは言えないと思います。
どちらかと言えば、ショートの方が釣りやすいのでは、
ロングティペットが渓流で一番ってそう言い切れないと思います。

ただ、ショートの人は臨機応変にティペット長くすればいいでしょう!
杉坂兄弟とか、佐藤さんとかみんな口をそろえて言いますが・・・
それはあなた方がプロだから簡単にできる、ティペット足して釣れるわけ!
キャスティングの能力があれば、ティペット長くしても釣れますけど・・・
一般の素人が、長くしてコントロールできるか、それは難しいのでは

というのは、はねたろうは昔は田代さんと岩井さんに習ってました。
ロングティペットは難しいので、どちらかと言えば5年ぐらい田代派!
もちろん、ショートでもそれなりに魚を釣ることができましたが
岩井スクールのときだけ、ロングティペットにするとコントロールできません。

そこで岩井スクールだけになり、Iスペックでロングティペットに開眼!
岡本ロッドに出会って、フジノウルトラロングリーダを使った岡本システムで
最近になってやっと「キャスティングの神がおりてきた」わけです。

ずいぶん遠回りをしたなと思っています。
これから釣りをする人、今初心者の人は、最初からロングティペット入門がお勧め!
まずは、岩井スクールか、岡本スクールに行くことから始まります。

そして、ロングティペット上達はロッド、リーダがカギです。
ロングティペットにあったロッド、リーダを使えば以外に簡単に習得できます。
岩井さんのロッドにフラットバットのリーダの組み合わせもいいでしょ。
でも一番いいのは岡本ロッドとフジノウルトラロングリーダが最高なのでは!

遠回りややめて、ロングティペット覚えるなら「今でしょ!」









posted by はねたろう at 04:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/8 戸石、大内宿、水無「モンカゲスピナースーパーハッチを求めて!」

先週、あるブログでモンカゲスピナーがスーパーハッチを見た
これは水無のスーパーハッチに行こう、スーパーハッチはイブニングなので
午前中戸石、午後加藤谷をやって、4時ごろ水無に当たればすごい期待膨らむ
そう思って家をでて、まずは戸石につく、金曜日なのに人がいて人気あります。

いつもの場所は運よくだれも入っていない。ここでまず1匹!

toisi0608b.jpg

そして、流れの筋から

toisi0608c.jpg

順調に釣りあがり、最後の地点になった。ここで凄く難しい肩に魚影!
複雑流れにいるので、魚はエサを食いそこなったと思って何度もチェレジ!
ここは粘らないと、先週の佐野さんの釣りを思い出した。なんとしても出してやる。

10投、11投・・・そして、15投目にフライがスポット消えた。
やっぱり、イワナは賢いよねと思ったら、あれれ!やまめだった。

toisi0608d.jpg

この1匹は値千金! 今までは淡白な釣りだったが粘り勝ちの1匹だった。

ここで午前中の釣りは終了になった。さて、加藤谷へと思って戻ると
途中に大内宿への道がある、昔行ったことがあった懐かしい!行ってみよう。

toisi0608e.jpg

ここに来たら高遠そば(ネギそば)だ、前に来たときはハシで食べたが
今回は、ほんとうにネギで食べた。どんぶりを口つけてかきこむ、旨い!

toisi0608f.jpg

3時になり、よし加藤谷でお茶にごして、いよいよ期待の水無だ!
そう思って、道を走らせると、大内ダム!、どうやら道を間違えた。
会津若松! そっちじゃないいんだけど、大回りをしたため加藤谷は省略!

途中!芦ノ牧温泉の近くで、阿賀川本流をやってみるが、さっぱり!
ちょうどいい時間になり、いよいよです。水無です。

5時を回っていたので、堰堤は釣り人でいっぱいか、誰もいないラッキー!
しかし、いない理由がわかった。モンカゲもちろんなし、それどころか水が!
水無は6月の季節をすぎると、水が無くなるって、「それってほんとだよ!」

どこに行っても堰堤下の流れが無い! モンカゲより水無が終わってた。

この日は、荒海途中の夢の湯に入った、源泉カケ流しで500円となかなかいい。

toisi0608g.jpg

ここから田島のスーパーで買い出しをして、田島で「ソースかつ丼」を食べて!
この日は道の駅「きらら」で仮眠! どこも水が少ないけど桧枝岐なら
雪代が終わって、水は多めだが、釣り人も少なくいいだろう!と予測!

もしかしたら、明日はイワナ祭りが来るかもとニンマリして眠りについた。

<道の駅「きらら」での仮眠>
桧枝岐で釣りをする場合は、ミニ尾瀬公園駐車場で仮眠してたが・・・
道の駅「きらら」は車の通りが少なく、けっこう仮眠するにはいい場所です。
また、ここには温泉があって、8時まで入れますので、田島のスーパーで買い物して
ここに直行するのもなかなかいいなと思いました。












posted by はねたろう at 03:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

6/2 秩父中津川「軽く2時間で2匹です。」

埼玉県に住んでいるのに秩父では釣りをしないはねたろうですが・・・
なぜか釣れないのは、分かっていても千曲の帰りに秩父の中津川へ
ここも渇水であるが、千曲川上ほどではない。軽く竿を出して帰ることに

意外と簡単に1匹釣れた。

chi0602b.jpg

プールと瀬が続き、ときどき魚が走るので結構魚がいるようです。
ただ、秩父はエサマン多く、放流しても、ほとんどお持ち帰りで魚が薄い!
秩父では魚は持ち帰るのが当然で、フライマンのC&Rが正しい訳ではないので仕方ない!

この後、1匹釣ったところで昼になり釣り終了!

chi0602c.jpg

今週は、体力を温存! 来週は、南会津でズルピー登場と行きたいですね。

最近、車がバテ気味なので、エンジンオイルを交換に行きました。
「エンジンオイル・ゼロでしたね! 早めに交換した方がいいですね。」
それにしてもセレナは凄い! エンジンオイル入れなくて車は走る。
15万キロを越えましたが、故障しないのが不思議なくらいです。





posted by はねたろう at 01:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | 釣行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着記事
===============================================
(11/12)11/11-12 かんなの湯「キャンプでしゃぶしゃぶ」
(11/02)10/27-28 学校橋河原「サーカスTCとムササビタープ連結!」
(10/29)10/21 お台場キャンピングカーフェア「ヒロシのスペシャルトーク」
(10/28)9/17-18 八丸キャンプin北海道「台風直撃! はねたろう出没注意」
(08/25)8/19-20 道志の森「ライダーさんとタープ泊」
(08/09)7/28-30 マッスルキャンプin福島ファイナル「全日程無事に終了しました。」
(07/28)7/16-23 川井村FF体験&東北大遠征「今年も行って来ました」
(07/07)7/1-2 風来坊岡本スクール「少人数スクール」
(06/22)6/21 停電によっる予期せぬ事態「インターネット接続不能!」
(06/13)6/10 日光湯川初釣行「カエロックキャンプ断念!」
(06/06)5/27-28 マッスルキャンプin北海道「はねたろう北海道出没注意!」
(05/22)5/12-14 マッスルキャンプin岡山「11時間の大遠征、楽しかった。」
(05/10)5/4 さきたま火祭り「家が燃えてます、火事ですよ。」
(05/09)5/3 秩父芝桜と祭の湯「芝桜綺麗で、温泉もなかなか」
(04/30)4/28-29 神流川&千曲「神流川爆釣、千曲さっぱり」
===============================================