2012年06月09日

R17−3FT「ニューリナティ、ナノスムース フッキング性能を考える。」

今日は、雨なので久しぶりに膝の休養も兼ねて、家でタイイングをしている。
R17−3FTで新パタンを考えるが、そう簡単に浮かんでこない、特に釣れるパタンは!

ただ、ふと思ったのは、この針のフッキング性能を引き出すためには、シャンクのどこまで巻くか?

@プードルに似せたパタン

ty0609a.jpg

A岩井さんのピーコックパラシュート

ty0609b1.jpg

Bはねたろうのズルピー

ty0609c.jpg

どれも釣れるこの3つのパタンで、違うのはシャンクのどこまで巻くのかということ。
というのはR17−3FTの最大の特徴のニューリナティベント「刺さりやすく、ばれにくい!」
それに針の表面加工がナノスムースコートでツルツルなのでさらに刺さりを加速している。

@はベントの曲がりまで、Aはベントの曲がり直前、Bは丸出し状態となっている。
フッキングは同じでもより深く刺さり、抜けにくいのはBズルピーが一番ではないかと思われる。
ただ、Aのパタンでもかなりのフッキング性能が期待できるが、@は少し落ちるのではないか?

ということで、この針のフッキング性能を考えると、エキステンドボディの方がいいかもしれません。

<ハックルの巻き数と吸い込み>
この針にしてから、岡本さんは2回転という、はねたろうは5回転にしてる。
ただ、針は飛躍的に軽くなったので、2回転で充分の浮力! 3回転以上巻く必要がないという。
そして、2回転の最大の利点は、抵抗が少ないので、吸い込みがよく魚は飲み込んでしまうことが多いい。
飲み込まれるとバレも少ない反面、針を外すのが難しくなるが、この針はバーブレスなので心配無用!
口に指を入れて、針を押すだけでこれが意外と簡単に外すことができる。 ほんとに理想の針だ。





posted by はねたろう at 10:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | タイイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

新着記事
===============================================
(06/11)6/7-8 神流川、千曲、北相木でフライフィッシング「やっぱり、ピーカンは釣れない」
(06/11)6/1-3 かんなの湯 ソロ連荘 「井上さんとコラボキャンプ」
(06/11)5/25-27 かんなの湯でソロキャン「生野菜のディップとジャーマンポテト」
(05/24)5/19-20 学校橋でソロキャンプ「悪路を走破、車リフトアップ!」
(05/24)5/14-15 アサマパークフィールド 「ほりっちょさんと貸切コラボ!」
(05/13)5/11-12 男鹿川、舘岩にフライフィッシング「男鹿川、舘岩で惨敗!」
(05/08)5/5-6 横浜ベイスターズ巨人戦観戦「2日連荘で横浜へ行く」
(05/07)5/3-4 神流川、千曲でフライフィッシング「イワナに会いたい!」
(05/02)4/27 千曲、北相木でフライフィッシング「イワナに会いにいきました。」
(05/02)4/26 男鹿川でフライフィッシング「WILD1キャンプ場 ワイドフィールドおじか探索」
(05/01)4/28-30 学校橋でBBQキャンプ 「みんなで楽しくBBQ」
(05/01)4/28-30 学校橋でBBQキャンプ 「みんなで楽しくBBQ」
(05/01)4/28-30 学校橋でBBQキャンプ 「みんなで楽しくBBQ」
(05/01)4/28-30 学校橋でBBQキャンプ 「みんなで楽しくBBQ」
(04/24)4/22 神流川でFF「フライフィッシング&デイキャンプのはずが」
===============================================
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。